株式会社パソコン村 諫早訓練センター 受講者の声

2012-02-25
訓練施設 株式会社パソコン村 諫早訓練センター
コース名 ITスキル訓練科
訓練期間 2011/09/30 - 2011/12/27


 3ヶ月間の長い間、とても有意義な生活をおくらせていただきました。
ありがとうございました。
 受けると決めながらも、あれれーーーとの思いでした・・・・
うっかり 受けてしまいながら、当初は後悔ばかりでした。
なんでこの年で、いまさら と。でも、いつも決めたからには最後までやるのが、唯一の長所かな?
 先生方には、的外れの質問が多く、大変ご迷惑をおかけしましたが、これからの何かの話の話題づくりにもなれればと願っています。
 新しい挑戦ができたことは、私には、後短い人生ですがきっとプラス要素として残していけると感じています。
教室で学んだことは、多くありました。
・Word(これまでにも、入力は苦手でしたが、少しは使っていました)
・EXCEL(初めてのことばかりで、色々できることに感激でした。必死で線を引いた   り、あくせくして表を作っていたのが、こんな便利な機能でできることに感激!!!
いくつになっても、学び知る喜びを改めて知りました。
・一緒に受講した方々が、温かく、人間大好きな私ですが またまた大好きになりました。
 こんなにも温かい人たちに恵まれて幸せなひと時でした。
先生方、皆さんありがとうございました。
良い人生をお過ごしください。
T.K.


この学校に来る前は、パソコンを操作している人を後ろからすごいな~とみていました。また、現在は世界中の人達が、パソコンを使う時代であることを認識してました。そこで私は、学校の門を叩きました。はじめてパソコンに触れました。最初は機械をこわさないよう気を使いました。授業に迷惑を掛けるまいと気を使いました。先生方のわかりやすい授業先生方の楽しい授業先生方の親切な授業がとてもありがたかったです。本日終了式を迎えまして感無量で本当に先生やクラスの仲間に感謝です。今後は仕事に学んだパソコン技術を活かし新たなフィールドで励んでまいります。ありがとうございました。
Y.W.


訓練3ヶ月の日々を振り返っての感想
 2011年12月27日。パソコン村基金訓練受講日程の最終日。長いようで短い3ヶ月の職業訓練の時間はここに辿り着きました。未だ先日受けたばかりの検定試験の結果は知らされてはいませんが、ひとまず無事終了出来たことに一安心というか、ひとまず安堵の気持ちです。
 今回の訓練を受けた動機は自分の自信の足りなさというか、自らを客観的に他人に売り込むアピールとしての資格を手に入れたいというのが一番でした。ただやみくもに仕事を探すといっても、ハローワークでのパソコン求人閲覧や職業訓練の案内、インターネットを通じた求職活動等一人で行動しても、自らの視野に限定されるというか、どうしても堂々巡りを繰り返すというか、あまり進歩性がなかったからだと思います。
 訓練を受けるための面接、受講勧奨、そして訓練初期の頃のガイダンスについて思い出せば、やはり余裕がなかったように思います。最初に自分はなぜパソコンが使えるようになりたいのか?どのような仕事に就きたいのか?働く上で他人から必要とされる人間とはどんな人か?そういった問いを最初に受けた試験から貰ったような気がします。正直あまりわかっていたとは思えませんが、その時の自分なりの見解や感想が出ていたんだとは思います。
 訓練が進むにつれて、少しずつ周りの人や授業にも慣れていきました。久しぶりに触ったパソコンのキーボードはやはり打つのが遅くなっていましたが、徐々に勘を取り戻していきました。ワードの講習については以前触れたことがあるのであまり緊張はなかったですが、気を抜かないようきちんと取り組むようにしました。エクセルについては操作未経験だったので、とにかく話を聞き漏らさないよう必要なことはテキストに書き込みながら理解に努めました。
 最大目標である文書作成・表計算技能検定の試験前に風邪をこじらせてしまい、病院に通って薬を飲んで治すようにする日々が続きました。普通に生活して毎日教室に通って勉強することは当たり前に出来るとばかり思っていただけに、授業の話を聞くことやキーボードを打つのもしんどかったのは辛かったです。きちんと体調管理をすることは社会人としての必須の心構えなので、当たり前のことをバカにせずに日々の生活をすごすことは大切なことだと思います。
 締めになりますが、今日までを振り返って一日一日をきちんと過ごすことが大切だと改めて思いました。人の話を聞くこと、きちんとタイムテーブルを意識して過ごすことの重要性、単調なキー打ちも手を抜かないこと、一つ一つが大事だと思います。最後になりますが、一緒に学んだ受講生の方とお世話になった先生方やスタッフの方一同に感謝の気持ちを忘れないようにして、今後がんばっていきたいと思います。今日までどうもありがとうございました。
K.I.


三ヶ月間を振り返って
 事務の仕事に就きたいと思いましたが、パソコンがほとんどできず、前職の中でパソコンをたまに使うこともありましたが、パソコンの業務も資料、画面、キーボードを見ながら入力をしていました。キータッチができるようになりたいと思い受講することを決めました。最初、「若いからすぐ覚える」と言っていただきましたが、「でも、私はできないかもしれない」とせっかく挑戦を決めたのに、内心しり込みしていました。不安でした。
 最初の一ヶ月くらいは50音入力をキータッチで入力して、それのタイムをとる。という練習がありましたが、そこでだんだんタイムが縮まっていくのが本当に不思議でした。それと同時にとても嬉しかったです。以前のようにキーボードなど、あちこちを見ながらばたばた入力することはなくなり、既にこの時点で自分に成長を感じとても嬉しくて更にやる気がでてきました!
その後、ワードの文書作成、エクセル、など初めてのことばかりでしたが、新しいことを身につけられるのが自信に繋がりました!
 毎日新しいことを学ぶのがとても楽しく新鮮でした!勉強が楽しいと生まれて初めて思いました。先生方、受講生の皆さんとも毎日笑って過ごせたことをとても嬉しく思います!尊敬できる方々に囲まれて私にも新たに目標ができました!ここで学んだことを今後も生かしたいと思います!感謝でいっぱいです!ありがとうございました!
M.H.


 訓練が始まってから3ヶ月、長いようであっという間でした。
初日、事情もあり何度も受講するのを諦めようと思っていましたが、どうにかほとんど休まずに受けることが出来てあの時諦めなくて本当によかったです。最初は手元を見ないととても打つことが出来なくて、打てない自分がはがゆくてなんども涙がでてきました。それが嫌で絶対に打てるようになってやるという気持ちで自分なりに努力してきたつもりです。昔嫌だった勉強も、最近では機会があれば勉強し直したいと思っていたので今回のこの教室に参加できたことは凄くありがたく思います。
 社長さんをはじめ、坂口先生、西田先生、末吉先生、西山先生、皆さん本当に優しく親切に指導していただいて途中でやめたいなんて思うことなく勉強に励むことが出来ました。
本当にありがとうございました。
 一緒に検定試験合格を目指して勉強してきた皆さんも優しくていいかたばかりだったのですごく充実していて楽しく教室でも過ごすことができ、皆さんにも感謝でいっぱいです。これからもこの訓練期間中のように何事にも一生懸命に取り組んで頑張っていきたいと思います。
皆さんの成功と健康を祈っています。
M.T.


 3ヶ月を振り返って、本当に学生時代に戻ったようで、とても楽しく勉強でき、打てなかった、パソコンも下を見ないで打てるようになり、本当に職業訓練校に通ってこれてよかったと心から思っています。
 まず、一日目は入校式で、どんな方々と3ヶ月間、一緒に過ごすのかなっと不安と緊張でした。仕事でもそうですが、いくらその職種がよくても周りの人間関係に恵まれなかったら毎日、憂鬱で仕事も行きたくないと思う自分がいたからです。そんな、不安とは裏腹に周りの方はとても良い方ばかりで私が、パソコンでわからない時も親切に教えてくれて恵まれた環境の中、パソコンの勉強を順調に進めていけました。
 最初は下を見て、間違いだらけで本当に簡単に打てるようになるのか自分との戦いが始まったような気もしました。「あいうえお」のローマ字入力から始まりタイムが、伸びたり伸び悩んだり、毎日の進歩と努力の日々でした。負けず嫌いの性格なので"できない"って事がとても嫌いで残ったり、家で暇さえあればパソコンを触ってる自分がいました。ジッとしとくのが苦手な私が、座って画面と向き合っていると思うと嬉しくなったりしたりもしました。
 ワードの練習に入ると文字入力速度に悩まされ、漢字に悩まされ自分の情けなさに気付いたときでもありました。学生時代にもっと勉強してればよかったと後悔の連続でした。しかし、練習を重ねていくうちに速度が速まったように感じた時の喜びは今でも忘れません…
 エクセルの授業では、関数などでてくるので、大変だろうなっとおもいていました。もちろんワードと比べると覚えることが沢山あり、今では、なんの関数を使えばこれができるという事が理解でき、私自身の自信にも繋がったような気がします。
 ここまで一生懸命、頑張ってこれたのはご丁寧に指導してくださった先生方、始めまわりの暖かい生徒さんのお陰だと思いています。飽き性でおおざっぱな性格の私が今ではパソコン入力をでき、自分の自信にも繋がって今までの自分を振り返ったり自分と向き合う貴重な時間を過ごせたと思います。
 3ヶ月間、本当に「ありがとうございました!!」
以上
M.T.


 三ヶ月前に、この教室を訪れた時は、技術取得が目的だけど、自分に合わない感じなら、一日も早く就職をしようと思いながらやってきました。(ハローワークの方に尋ねた時も、就職をすることが最優先目的なので、問題は無いと確認を取っておいたのです。)
 お昼ごはんも教室で食べるように、とかスピーチがなど、苦手なことも多かったですが、慣れてくると、教室のみなさんの癖があるけれど憎めないキャラに、愛着が湧いてきました。
三ヶ月どうなることかと心配していたことが嘘の様に、過ぎていきました。今では、良い思い出になりました。事故にあった時も、社長の奥様がとても親切にしてくださり、ありがたかったです。
 三ヶ月後、私は県外へ引っ越しの予定があるのでお会いする機会もあるかわかりませんが、
 社長夫妻や先生方を始め皆様がたの、健康とご多幸を心よりお祈り致しております。
お世話になりました。
K.T.


パソコン村の3ヶ月
 授業が始まったばっかりの頃は、正直ちゃんと最後まで通い通せるかな?と不安だったけど遅刻はあったものの欠席は無くなかなか頑張って通えたつもりです。
しかし歳のせいか、慣れるまでには時間がかかり慣れて来たと思った頃に卒業ということでなんか寂しい気もします。
期間の最初の頃は、文字入力が遅かったが日が経つにつれだんだん打ち込むのが速くなっていくのが感じられやりがいがありました。でもこの頃はまだ教室の雰囲気に慣れておらず、さぼりたいなーと思うことも時々ありました。
でも、みなさんが親切に話しかけてくれたりしたおかげで休まず通えたと思います。
期間の終わりの頃は検定試験にむけ、みんなで頑張れた気がします。
模擬試験ではワードはなんとか時間内に終われるようになったがエクセルの時間が足りなくて検定試験はちょっと不安でした。
検定試験みんな合格してるといいなー。
T.M.


三ヶ月を振り返って
 三ヶ月振り返って、ホームポジションから始まり、毎日の50音練習、始めのうちは集中力が続かず休憩を入れながらしました。それが今では、文章入力もほぼ15分以内に出来るようになりました。
 また、ワードやエクセルの勉強内容は日々新しい内容でしたので、詳しく教えて頂いても新しい事を覚えるとそれ以前の内容は忘れたり、また覚え直したりの繰り返しでしたが、その都度先生方には丁寧に教えて頂き本当に感謝したおります。
 お陰様で、ワード・エクセルは3級のレベルに達したように思います。
 久しぶりの勉強、達成感がありとても意義ある三ヶ月間でした。
 ありがとうございました。
K.I.


3ヶ月間の講習を終えて

 3ヶ月前がもうかなり昔の事に思えますが、あっという間の3ヶ月でした。
久しぶりに目標に向かい勉強するという感覚を懐かしく、そして新鮮さを覚えながら楽しく技術を身につけることができたと思います。趣味でしかなかったパソコンが、実益として使えるレベルになったのは素直にとても嬉しいです。
これからの社会、パソコンは形を変えて進化する事はあっても、無くなる事は無いモノだと思いますし、今以上に必要不可欠なものになっていくと思います。
いつしか自分も追いつけないくらいに進化していくと思いますが、それを諦めずに必死についていけるように頑張りたいと思います。
授業以外でも、インストラクターの先生、一緒に学んだクラスメイト共にいい方ばかりで、学校に行くのが嫌な日はありませんでした。
個人的には最後のパワーポイントの授業が楽しかったです。もっと時間があればもっともっと完璧なものが出来たと若干の心残りがあるくらいです。突き詰めるとおそらく終わりが無い作業になるのでよかったとも同時に思いますが。好きなことにはとことん凝り性なのが長所でもあり短所でもあるとわかっています。いい方向に活かせる様、今後の人生がんばっていきます。
三ヶ月間、本当に本当に、お世話になりました。
T.Y.


 宮野さんには、迷惑ばかり掛けて本当に申し訳ない気持ちとありがとうの気持ちでいっぱいです。
 最後まで「笑顔でさよならせつないよね」としたかったが・・・まぁーしゃなぁいすな、世の中色々あるのが普通でしょうし、色んな方がいる事を改めて実感した貴重な時間でした。これから先の自分の事を考える時間をいただけたのが凄くありがたかったですが・・堂々巡りになってしまって、進まなかったのが悔やまれます。
 最後にスタッフの皆様方にも愚痴ばかり言ってしまい大人になれない自分を後悔の海に落としてやりたい気持ちがほんの少々あります。
 出会いがあれば別れもある「さよならだけが人生だ!」ラストダンスを綺麗におどりたいです。
ありがとうございました
K.Y.


三ヶ月という短い期間でしたが、本当に勉強になりました。当初、基金訓練という事で「どれだけ厳しいのだろう」と想像していましたが、無料で先生方がとてもやさしく丁寧で、楽しく授業を受けることが出来ました。有料のパソコン教室に通ったことがありますが、その時はかなり高額な割りに技術を習得することが出来ませんでした。しかし、パソコン村では確実にスキルUPをはかることができるだけでなく、資格まで習得できるので、本当に助かりました。就職する為の自信にもなりました。そしてここを終了した後やっぱり又訓練を受け更にスキルUPを目指して、パソコンと経理の職業訓練を受けようと思いました。勉強することの楽しさを改めて確認でき向上心が湧きました。本当にありがとうございました。
M.M.


「三か月」
 入校当時は、半袖姿、クーラーも効いていた。今日は12月27日(火)あと数日で新しい年が始まる。「修了証」の授与式がイマシガタおわった所、その余韻を残し「修了式」も無事に済んだ。"『感想』を書いてください"と言うことになり、キーボードに指を走らせる。
 「三か月」前は、と考えたが・・・・あと5分しかない。
続きは、次の機会に。
M.T


 3ヶ月いろいろとお世話に成りました。感謝の言葉しかありません。
自分の中にある、「適当にしとけば、旨く行く」と生きてきましたが、どうにも成らないことが解りました。これからはここで学んだ様に基本があり、応用があることを考え、何事でも基本をしっかり学んで歩でいきます。
 短いですが頭の中はパソコン村以外で遣ったことでいっぱいでこれ以上書けません。
S.R.


 今回の基金訓練に参加したのは、ハローワークの相談員からの勧めがあったのがきっかけであり、その時は、今更パソコンを勉強しても、この先どうなのか(自分の仕事にとって)とも実際考えていたが、入校してからはやるからにはシッカリやろうと思いこの3ヶ月間は真剣に取り組んだ。やはり苦しんだのはワードの入力、最初の五十音入力では、計測不能。わかってはいたが、この先3ヶ月で打てるようになるのか?不安が先に立つ。しかし、私にとってこのような機会は後にも先にもこれが最後との思いもあり、学校での特打ちはもちろんの事、自宅でもキー配列を覚えるための工夫やイメージトレーニングをやり、2週間くらいで何とかキーボードを見ないで打てるようになり、少し光が見えた。この教室の雰囲気も手伝い少しずつではあるが、自分なりに進歩を実感できるようになり、それが自信となってこの3ヶ月やってこれました。先生を含め、良い雰囲気の中で勉強出来たことを感謝すると共に、これからの将来(仕事)に今回の経験を活かせるよう頑張って行こうと思います。
J.K.


基金訓練終了感想
 最初は、軽い気持ちで参加したが、訓練が進むにつれ、だんだん焦る。
 まずwordについては、「かな漢字入力」を「ローマ字漢字入力」に変えることを、自分なりのテーマにした。3ヵ月後には、かな漢字入力より、速度を上げるのが目的だ。残念ながらこの目標は達成できなかった。納得のいくタイピング速度に到達できなかった。
 excelについては、ハンドリングに多くの方法があることを知った。もっと早く教わっていれは、過去の色々な場面で有効活用できたはずである。今後は、本訓練を生かして、より効率的な入力を心がけたい。また、機会があれば上のステップの訓練(研修)も受けてみだい。
 また、講師陣をみていて、指導法や人のマネージメントについても学ぶことが多かった。このクラス、先生より年配が半分以上だ。さらに、言うこと聞かないやつ、出来の悪いやつ、真剣みの足りないやつ、個性的なメンバーが揃っている。こんな中でのクラス運営は、さぞや大変なことだったろう。にもかかわらず、講師達は、怒りを面に出すこともなく、ある時はいなし、ある時はかわしつつ、うまく運営していたと思う。人をマネージメントするのに大事なことを学ばせてもらった。
 結果として、予想していたより、とても多くのことを、直接、間接に学ぶことができた。収穫のおおい訓練になったことにとても満足している。
M.S.
諫早訓練センター | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示